カローラ生誕50年 笑顔の花冠プロジェクト

3月6日、カローラ生誕50年を記念した「笑顔の花冠プロジェクト」がついにスタートしました。スタート地点は、カローラが産声を上げた【トヨタ自動車(株)高岡工場】。このプロジェクトは、カローラの語源である「花冠」をかたどった4つのバトンに、全国のカローラオーナー様の想い、全国のトヨタカローラ販売店の想い、そしてカローラを生産するトヨタ自動車(株)の想いを込め、全国を笑顔の絆で繋ぎ、現在カローラを生産する【トヨタ自動車東日本(株)宮城大衡工場】のゴールまで、約半年かけて日本全国のトヨタカローラ販売店を巡るプロジェクトです。

大きな花冠バトンがやってきました!!

4/8 新大阪本店にて「花冠バトン受渡式」が開催されました

カローラ浪速様より、直径約60cmの大きな『花冠バトン』を受け取りました。
これから1週間、「トヨタカローラ新大阪 花冠WEEK」がSTARTです!カローラ新大阪の店舗では、お客様に作成していただいた花冠で、店舗を華やかに飾っています。また、新大阪本店では、「2台目 カローラTE20型」「初代 カローラレビン TE27型」を展示させていただきました。

「トヨタカローラ新大阪 カローラオーナーミーティング」を開催しました!!

4/15 ららぽーとエキスポシティ 光の広場にて

カローラ新大阪の、カローラオーナー様をご招待して「笑顔をお届けする」をテーマにしたステージイベント「カローラ オーナーミーティング」を開催いたしました。当社カローラオーナー様にいただいた「カローラと私」をテーマにしたお写真とエピソードを紹介し、関西で有名なお笑い芸人さんに参加していただき、「笑い」と「笑顔」を届けていただきました!!

40年以上前の姿を取り戻しました!

半世紀前のクルマを、当社エンジニアの経験とキャリアを駆使し、
みんなの力を合わせて作業に取り組みました!!

1971年式 2代目カローラTE20型

オリジナルの旧塗装は激しく劣化しており、鉄の素地まで剥離すると錆びていた部分があったので、剥離作業・防錆処理は通常の作業以上に時間と労力を費やしました。
写真を見て頂くとわかると思いますが、通常の作業では使用しない防錆処理剤(エポキシプライマー)を塗布しボディー全体にブラサフを塗布した後、乾燥させて研磨し肉持ち感を持たせて、今現在の光沢があり、鏡面に近いクリアで上塗り仕上げをしました。
(レストア担当スタッフ談・50代男性)

1973年式 カローラ TE27レビン

私の青春時代を思い出させてくれる、27を触らせていただき感謝の限りです。
まずは、「エンジンの音と調子はどうか」を確認!
うれしくて手が震えていましたよ~!!
(レストア担当スタッフ談・60代男性)

  1. 笑顔の花冠祭プロジェクト